スポンサーリンク

ニュージーランド発祥の囲碁!?~「The Connections コネクションゲーム」

「赤」または「白」のラインのついたタイルをつなげて、陣取り合戦するゲームです。
盤面を分割させるか、相手のラインまたは「柱(ポール)」を囲むと勝ちになります。
タイルを置くことができないのは、以下の場所。

タイルの片方がゲーム盤に直結する場所は置くことができません。←は「白」が置けない場所。→は「赤」が置けない場所です。

始めてみましょう。
まず「白」が先攻しました。

「赤」が後攻。上記の ”置けない場所” 以外ならどこにでも置けます。

「白」「赤」「白」と続きました。
白が赤を囲む方向でしょうか。

「赤」は囲まれにくくなるように、逃げます。

タイルはつなげて置かなくても、←のように離しておくこともできます。

「赤」が白の柱を囲う姿勢をみせています。
このように順番にタイルを置いて、陣地獲得を目指します。

では、勝ちパターンをいくつかご紹介。
まずは、ゲーム盤を二分割する勝ち方。
←「白」の勝ちです。

白の「柱(ポール)」を赤が囲みました。
←「赤」の勝ちです。

こちらはゲーム盤を分割した「白」の勝ち。
分割は直線でなくてもかまいません。

こちらは「白」のタイルを完全に囲ってしまった「赤」の勝ち。

これは、将棋でいう詰みの状態ですね。
赤に回避する方法がないので、「白」の勝ち。

次は白の番の状態。ある場所におけば「白」の勝ち確定です。
どこだか解りますか?

こちらは詰んでいますね。どちらの勝ちでしょうか?


なにこれ?考え方、ほとんど囲碁じゃん!

『そーなんだよ。”相手を囲う” とか ”陣地を分断する” って、まんま囲碁だよね。囲碁よりは早く決着がつくし、先も読みやすいんだけど』

我が家ではあんまり受けなかった。小学生では早すぎたかもね~~。

コメント

  1. Good info. Lucky me I came across your site by chance (stumbleupon).
    I have book marked it for later!

  2. Way cool! Some very valid points! I appreciate you penning
    this article and the rest of the site is also really good.

  3. helloworld より:

    This website was… how do I say it? Relevant!! Finally I have found something which helped me.
    Kudos!

タイトルとURLをコピーしました